試験に合格、でも落第? 医学部の不思議

2007年6月、フランス語圏の医学部1年の全試験に合格したにもかかわらず、2年目進級を拒否された学生は約80人。理由は“numerus clausus”と呼ばれる人数制限制度。フランス語共同体が医師数を制限するために97年から施行している制度で、医学部1年生に何人在籍していようが、2年生に進める学生数はルーヴァン・カトリック大(UCL)110人、ブリュッセル自由大(ULB)97人、ナミュールノートルダム大(NDLP)96人、リエージュ大(ULg)90人、モンス大(UMH)27人までと決められている。07年度の枠に漏れた80人に与えられた選択肢は、医学をあきらめ薬学や歯学に移るか、留年して再度チャレンジするか、他の場所(フラマン語圏や外国)で入学し直すこと。
裁判に訴えた学生もいたが、要求は通らず、高等裁判所への控訴と欧州共同体への陳情を準備しているという。

2007年10月、フランス語共同体は“numerus clausus”の見直し計画を発表した。教育担当大臣Maria Arena氏(当時)は、09年度からの施行を目標に代替案をまとめて連邦の承認を仰ぐと言明。今年2/13には早速フランス語共同体の各大学医学部長会が、“numerus clausus”を廃止し、全大学共通の医学部入学試験を行うという案を公表。これはフラマン語共同体の実施例がモデルだが、違いは後者が受験回数を無制限としているのに対し、フランス語圏では4回までに限定するという。フランスで落第した学生が無制限に流入してくるのを抑えるための策、とルーヴァンカトリック大学医学部のDidier Lambert部長は説明する。

“numerus clausus”はベルギーだけの制度ではなく、フランスやオランダでも採用されているシステムだ。フランスでは医学部1年生は理論だけを勉強し、年度末の試験で国の定めた人数枠まで徹底的に振り落とされる。例を挙げると、昨年秋にパリ第七大学医学部に入学したのは約2,100人だが、今年6月の学年末試験を経て秋から2年生に進級できる人数はわずか350という狭き門だという。仏政府は今年から向こう5年間の制限数を凍結することも発表している。

* * * * *

2008年1月、“numerus clausus”施行10年を機に連邦医療政策研究所(KCE)が国内の医師事情についての実態調査を行った。それによると、現在のベルギー医師免許保持者のうち、実際に診療活動に従事しているのは65%。そしてそのうち半数が50歳以上だった。しかも数年以内にリタイアを予定している医師の数も多い。同研究所は調査結果を受け、“numerus clausus”の人数枠を検討する際に担当機関の依拠するデータが十分ではなかったとの懸念を表明した。医師免許総数だけではなく、労働時間、グループ医療の実態、医師免許は持っていても診療活動をしていないケース(研究職や教職、医療関係以外の職業従事、休職、専業主婦など)、免許保持者の外国への転出、外国人医師の流入、そして医学技術や治療方法の変遷などについてももっと幅広く考慮なされるべきではなかったのか、という。

10年前、医師供給を調整するために導入されたはずの“numerus clausus”。現実には、医師の不足にあえぐ農村地域の実態や、医師不足を解消するため、ベルギーと免許取得条件の違う外国人医師を雇用している医療施設のケースなど、医師不足を物語る事実すら報道されている。09年度からの新システムが成功するかどうかはまだわからないが、政府が早急に取り組まなければならない問題なのは確かだ。

ナミュール州立公園シェフトーニュ Chevetogne

archeDomaine Provincial de Chevetogne
ナミュール州立公園シェフトーニュ

 

ブリュッセルから南東へ100km、ルクセンブルグへ向かう高速道E411を1時間ほど走ったアルデンヌ丘陵地帯の入り口に位置するナミュール州
立公園Chevetogne (シェフトーニュ)は、550ヘクタール(皇居の約6倍)の豊かな自然の中に広がる手入れの行き届いた自然公園です。
chev2ベルギー各地の州立公園はどこも、子どもから大人まで誰でも、安全かつ安価にレクリエーションを楽しめるようたくさんの工夫が凝らされていますが、中でもこの公園の規模と充実ぶりは格別です。「大衆消費型遊園地に真っ向から対抗する公園」「来訪者に知的、体力的な恩恵を与えられる公園」という運営主旨を聞くとそれも納得です。

chev1

公園内にはテーマ別に丹念に手入れされた庭園、子どもたちが積極的に知恵や体力を使って遊びを生み出せるようデザインされた室内外10カ所の遊具場、未来のよりよいエコロジー社会を体験できるソーラーシステムや風力タービンによる自家発電、省エネルギー建築などがあり、宿泊施設や飲食施設もそれぞれの希望に合わせて選べるよう数種類が用意されています。与えられたものを単に消費するのではない、来訪者が自分たちなりの楽しみ方を考え出せるようデザインされた広大なシェフトーニュ公園は、自然志向、アウトドア好きの家族なら一度は訪れる価値がありそうです。

chev3

Domaine Provincial de Chevetogne
5590 Chevetogne
Tel : 083 68 72 11 http://www.domainedechevetogne.be (仏、蘭)
オープン : 通年9~18h
入園料 (乗馬以外のアクティビティーを含む) : 
4月1日~11月8日のみ 有料。 10ユーロ/人、6歳以下無料、年間家族パス60ユーロ/車
入園ゲートで入場料を支払い、そのまま車で園内に入ります。無料の大駐車場(2カ所)以外に目的施設付近にも駐車可。
主な施設 : テニスコート、マルチスポーツコート、ソーラーシステム屋外
温水プール(夏季晴天時のみ)、ボート、乗馬クラブ、自然遊歩道、バーべキュー場、動物園、植物園、自然博物館 、年齢別遊具場(10カ所、室
内遊具場もあり)、ホテル、貸し別荘、キャンプ場、合宿所、レストラン、 バー、カフェ、シャトー(セミナー、パーティーなど) 施設は使わなくとも、イマジネーション次第でユニークな楽しみ方ができそうです。

アンヌヴォワ庭園

Les Jardins d’Annevoie
アンヌヴォワ庭園


フランス式、イタリア・ルネッサンス式、イギリス式・・・
・・・どのスタイルがお好み?

フランス式、イタリア・ルネッサンス式、イギリス式と、三大ヨーロッパ庭園様式を合わせ持つ28haの水と緑の楽園「アンヌヴォワ庭園」。その造園工事が始まったのは1758年です。ワロン地方の貴族でアンヌヴォワ城の当主、シャルル=アレクシス・ドゥ・モンペリエは自らが欧州各地を巡って学んだ建築造園技術を駆使し、また著名な鋳造職人としての腕を生かして20年余りにわたる大プロジェクトを遂行しました。

この庭園がベルギーだけでなくヨーロッパでも有数の庭園として特に注目を浴びている理由は「水」にあります。
ドゥ・モンペリエの造園プロジェクトはまず、敷地内で最も標高の高い場所に長さ400mの運河を掘ることから始まりました。それが完成すると、近くのフォンテニー池から水が引き込まれ、次に28haの敷地全体にその水を行き渡らせるための複雑な地下水路が張り巡らされました。最後にその水を庭園の景観として生かすため、20余りの池や堀、滝や噴水が、ち密な計画と計算に基づき、一つ一つ作り上げられていきました。

約2世紀半前の完成時から今日まで、庭園内を流れる水は、一時も澱(よど)むことなく流れ続けているそうです。そして21世紀の現在も、この庭園内には1台の電動ポンプも使われていません。7mの高さに水を吹き上げるジェット噴水も、華麗な扇形に水が流れ落ちる滝も、すべては水が上から下へ流れる自然の原理を利用して建築されているという、ワロン地方の誇る芸術遺産。春、緑が一斉に芽吹く季節を満喫するにはもってこいのお出かけスポットです。

Info
住所: Rue des jardins d’Annevoie 37
5537 Annevoie
082 67 97 97
http://www.annevoie.be

ナミュールからディナンへ下るミューズ川の右岸。高速道路E411でナミュール (14番出口) まで、その後ナミュール郊外のミューズ河畔高級住宅街やウェピオンのイチゴ畑を眺めながらN92号線をゆったりドライブして約30分。駐車場は入り口から道路を挟んだ向かい側。レストラン、カフェ、ギフトショップ、ペンションも併設。

開 園 :4月3日~11月7日
7、8月 9h30~18h30 (最終入園18h)
夏休み以外は~17h30 (最終入園17h)
入園料:大人7.8ユーロ、3歳以上12未満 5.2ユーロ
日本語案内地図付き

アンヌヴォワ城は15世紀以来のドゥ・モンペリエ一族の居城で、1935年に庭園の一般公開が始まった後も、2000年まで一族が所有、居住していました。鳥がさえずり、水のせせらぎが聞こえ、見渡す限り緑のカーテンが広がる庭園、黒鳥のゆったり泳ぐ堀に囲まれた堅固な城、城門に続く渡り橋の名残り・・・。庶民の生活とはかけ離れたかつての貴族の生活がしのばれます。その後、土地建物は興行主の手に渡り、2009年末から、再び売りに出されているとのニュース。庭園を含めた評価額は750万ユーロとか。

フランス式 (写真:ロッシュ・ギヨン城/フランス)平面幾何学的アプローチ。「シンメトリー(左右対称)」がキーワード。曲線のない、長く伸びる直線的デザイン。ベルサイユ宮殿庭園はその代表例。

イタリア・ルネッサンス式 (写真:ヴィラ・デステ宮殿/イタリア)古代神話の場面再現を得意とし、肥沃のシンボルとしての水を多用。多様性、はっきりしたコントラスト、非日常的な要素を好んで取り入れるデザイン。

イギリス式 (写真:Rousham庭園/イギリス)自然の景観美を追求。型にはめず、ありのままに広がる自然のシンプルさを大切にし、池を中心に据えたデザインが典型的。

ナミュール散策

ナミュール散策
古さと新しさの融合したハイセンスな街

namur2

小さいながらも3つの異なる文化圏を擁する国ベルギー。そのひとつ、人口の約4割を占めるワロン文化圏の中心都市Namur(ナミュール)は、首都ブリュッセルの南東約60キロに位置する人口10万人の小ぢんまりとした街です。ガイドブックを読んでもこれといった大きな観光目玉がなく、外国人居住者も少なめの街だけれど・・・と期待半分にふらっと訪れてみてびっくり。ナミュールは素敵な発見が山盛りの街でした。

ナミュールは…

ベルギー第一の河川ミューズ河畔に発達した、ローマ時代からの交易の要衝地で、中世初期のフランク王国時代に城砦が建設され、城下町として繁栄してきました。現在、城壁跡はCitadelle(シタデル)公園として市民の憩いの場となっています。ワロン地方政府や議会、ナミュール州庁、フランス語系グリーン政党Ecolo党の本部などがあるこの街は、政治的にも重要なところです。

のんびり…

ナミュールのシンボルはカタツムリ。地元の人たちが話すフランス語の抑揚がゆったりしているからだそうです。でも、街を歩いている人たちはキビキビとしていますし、信号待ちで、車が来なければ赤でも渡ってしまう人を結構見かけました。地元の人ではないのでしょうか? 世代が変わった
のでしょうか? それでも行き交う人々は親切で、狭い歩道で追い越す時など必ず声をかけ、ちょっとでもぶつかるとにこやかに「失礼!」と言ってくれます。

買い物は目的別に…

旧市街の細い路地を歩くと、まず目に付くのはDelvaux、Scapa、Mephisto、Hush Puppiesなどの
ブランドショップ。どこもブリュッセルとは一風変わったオリジナルなウィンドーデザインで、地元のハイセンスさをうかがわせています。あれ、ここちょっとすてきかも! まあここも・・・のぞき始めたらきりがないほど、歩けば歩くだけ現れるブティック、子ども服ショップ、おもちゃ屋さん、手作りチョコレート・ケーキのお店などなど。小さいながらそれぞれ独自のシックな魅力を放っているのに驚かされます。一方新市街(Rue de Fer界隈)にはブリュッセルのRue Neuveなどでおなじみのチェーン店がきらびやかに軒を連ねて、近郊からの買い物客で賑わっています。

ぜひ試したい…
caramelhtml
La Maison des Desserts は、ここでしか手に入らないナミュール名物生キャラメル
「Les “BIETRUME” de NAMUR」を売っているお菓子屋さん。奥には広いベランダ風のカフェレストランが続いており、軽食やお茶も楽しめます。普段でも混み合っていますが、週末は特に大人気で要予約とのこと。(地図赤字★A)
Rue Haute Marcelle 17, 5000 Namur tel: 081/22.74.51

オドロキ! 

Eglise St Loup 並びの小さな本屋さん「L’aurore boreale」では、
なぜかJIKATABI を売っていました。アメリカの人気番組で取り上げられ、日本でも注目されて
るとか。ナミュールっ子って進んでる?(地図赤字★B)
Rue de l’Ouvrage 1, 5000 Namur

La Citadelle (シタデル)

頂上まで行くには、歩く・車・ケーブルのオプションあり。上から見下ろすミューズ川はナミュールらしく静かにゆったりと流れています。野外劇場脇には4つ星ホテル&レストラン『Chateau de Namur』。(www.chateaudenamur.com)
国際コンクールで多くの賞に輝いたGuy Delforge氏の香水アトリエでは、毎週土曜15h30に香水調合の見学会あり。ショップも併設されてい ます。(www.delforge.com)

namur3

インフォメーション
ナミュール市観光局 Office du Tourisme de la ville de Namur
Hotel de Ville, 5000 Namur
www.namurtourisme.be (英、仏、蘭、独語)

ナミュール州観光局 Federation du Tourisme de la Province de Namur
Avenue Reine Astrid 22, 5000 Namur 
www.ftpn.be/paysdesvallees-fr
 (英、仏、蘭語)

アクセス
国鉄(SNCB/NMBV)ブリュッセル中央駅からナミュール行ICで1時間。
車でブリュッセルから高速E411、13番出口

フランス人はベルギーが好き?

漫画家、作家、学生に大富豪 … フランス人はベルギーが好き?

 ベルギー在住フランス人総数 12万人。2016年の統計によると在 ベルギー外国人のうちイタリア人 に続く第2のグループ。そしてそ の数は増え続けている。

フィリップ・ベルコヴィッチ (Philippe Berkovici)、シルヴァ ン・サヴォア(Silvan Savoia)、マ ルゼナ・ソワ(Mazerna Sowa)、 ヤン・ルペヌティエ(Yann le Pennetier)といえば知る人ぞ知 るフランス語漫画界の大物作家達。彼らの共通点は、‘Dargaud’ や‘Dupuis’、‘Glenat’といった パリの大手出版社から作品を発 表しつつ、生活の拠点はブリュッ セルに置いてゆったりとしたベル ギーライフを謳歌している、とのこと。

「ブリュッセルは、一国の首都とし ての機能から文化的要素まです べてを備えつつ、大都市につきも ののストレスを感じさせないところ が素晴らしい。そして市民が外来 者に対して寛容だ。」と彼らの住 み心地への評価は高い。

ベルコヴィッチは漫画雑誌の老 舗「スピルー」誌を支える売れっ 子作家のひとり。ブリュッセルの 異種雑多な建築様式が自分の作 品の描画スタイルとよくマッチしていると言う。

サヴォアは北フランス のランス生まれだが、ブリュッセル の有名なアートスクールSt.Lucに 学んだ。数年前、パートナーで ポーランド人漫画家のマルゼナと共にブリュッセル定住を決めた際の理由は「フランス語が公用語で 家賃の高すぎない街」。「ランスは 街として小さすぎるし、パリは生活費が高すぎる、それにベルギーは自国ポーランドとも似ている。」 とマルゼナ。「両国とも寒い気候 だが人々が暖かい」のだそうだ。 また、この街の気取らないコスモ ポリタンぶりが心地よい、と二人は 口を揃える。多種多様な民族と文 化のミックスが、芸術家の創造性 に栄養を与えてくれる、みんなが それぞれの個性を持ち、『隣人と は違うのが普通』という感覚が、生活の中でも芸術の面でも大ら かで暖かいものを導きだしてくれ る、とブリュッセルを高評価。

また、南仏マルセイユ出身でブ リュッセル在住20年以上のルペヌティエに言わせると、パリは美しい街だし建築の観点からもブリュッセ ルよりもずっと整っているが、あそ こはもう観光客に乗っ取られた 街。その点、ブリュッセル市民は しっかりと自分たちの街を守って いる。彼の仕事場は街中のカフェ。オフィスワーカーが会社に 出勤するように、彼はカフェに出 勤する。「これがフランスだったら 1時間も座っていられない。すぐ 追い出されてしまって、仕事どこ ろではない…」。

ベルギーに惹かれて北上してくる芸術家は漫画家だけではな い。ベストセラー作家エリック‐エ マニュエル・シュミットを始め、パリ の芸能人たちがブラバン・ワロン 地方の森に囲まれた邸宅に秘か に居を構えているらしい、という噂 はあちこちで聞かれる。 また、若者の世代では、キネジ セラピストや獣医の資格を取りにやって くる学生があとを絶たず、フランス 人の入学人数を制限する学校も 出ているらしい。

通勤の面でも高速列車タリスのお陰で今やパリは目と鼻の先。大 都会の喧騒を避けてブリュッセル にゆったりと居を構え、パリに通 勤するフランス人の数は、朝夕の タリスの混雑具合からも推測でき る。パリ郊外のイル・ド・フランス地 方に住んでも、ここ隣国の首都ブ リュッセルに住んでも、通勤時間 は変わらない時代になっている。

そして忘れてはならないフラン ス人国境越えのもうひとつの大きな理由は経済的なもの。1980年 にミッテラン大統領が財産税 (ISF)を再施行して以来、この税 を逃れようと国外に富を移動する フランス人富裕層は多い。 Halley一族(カルフール・グルー プのオーナー)を始め、Mullier 一族 (Auchanスーパーチェー ン、デカトロン、Leroy Merlinな どのオーナー)、ファッション界の 大御所ヴィトン一族や化粧品大 手のゲラン一族の子息など、名 前を挙げるときりがない。彼らフラ ンス億万長者のベルギーでの落 ち着き先はというとUccleや Ixellesの高級住宅街がメインらし い。また、フランス国境近くの Mouscronも人気スポットだとか。

ベルギーにいれば財産税を取ら れないだけでなく、贅沢品税も贈 与税もフランスに比べると破格に 安いのが彼らにとっては魅力なのだろう。

過去の記事から

各種メディアに発表したベルギー、ヨーロッパ関連の記事を、アップデート&編集して順次掲載しています。